PROFILE

2019ちひろ大判カレンダー


A2サイズ 1,400円+税
オンラインショップ

2019卓上カレンダー


スタンド付き 1,800円+税
スタンドなし 1,200円+税
オンラインショップ

search this site.

categories

archives

2019年のはじめに


2019年。

新しい1年のはじまり。


今年もどうぞよろしくお願い致します。


最初の1枚はどれがいいかな?

毎年カレンダーの表紙の選んでいたかと思いますが、今年は画集をめくって選んでみました。


年明けなので、

華やかな絵、お正月らしい絵、人気のある作品を選ぶかな?と思いましたが、そっと優しいこの作品が心にとまりました。


月夜の散歩 というタイトルです。


夜道を照らす月灯り、私はとても好きです。眩しい太陽も良いけれど、今の時代は明るすぎて気づかないところにこそ、優しい光が必要なのでは?

と、思ったりします。


今年はそんなことを想う1年になるのかな?


また、昨年はちひろさんの華やかな展示が続きましたが、今年も変わらず、美術館の展示をゆっくり楽しみこちらにレポートしていきたいと思います。


改めて、ちひろさんの絵を窓に

日々を綴りながら1年のはじまり。



100歳おめでとう


もうすぐいわさきちひろさんの誕生日。


12月15日。

いわさきちひろ生誕100年を迎えます。


この日は各地のちひろさんゆかりの地ですてきなイベントが開かれます。

どうぞお近くのスポットへお立ち寄りください。



安曇野ちひろ美術館はお誕生日会が開催されるのです。

可愛らしいイベント、まるで絵本「ゆきのひのたんじょうび」のようですね。

今日から安曇野は朝から氷点下。

とても冷え込んでいますので、もしかしたら絵本のように雪が降るかな?


ちひろ美術館東京では、赤のドレスコード、赤い帽子でちひろのことばカードプレゼント!

赤い帽子の女の子になりきってどうぞ立ち寄ってみてください。


あたたかなお祝いの気持ち包まれる日になりそうです。


時折、今、ちひろさんが生きていたら、

何を思い、どんな本を描くだろうか?と考えます。


残された絵本や作品、言葉、その想いをいつまでもも大切にしていくこと。子どもたちに伝えてあげること。

それが永遠に生きていくことなのかなと思います。


これからもその作品がたくさんの方に届きますように。




神戸原より田園風景をのぞむ


先日のこと。

安曇野の松川村に用事で出かけて、景色の良さそうな公園を見つけました。


ちょっと立ち寄ってみようと駐車場に車を止めると、とても良い眺め!


そして、「いわさきちひろの描いた松川村 機廚箸いΥ波弔ありとても驚きました。


あちこちと出かけていますが、この看板を見るのは初めてです。気箸△襪里蚤召砲發△襪呂困任垢諭

また見つけたいです。


それにしても、本当にきれいな眺め。

のどかな景色は、松川村ならではです。

安曇野の中でも、松川村はゆったりと時が流れている土地だと思います。


ちひろさんの心の故郷。


安曇野ちひろ美術館とともに、こんな風にちひろさんの眺めた景色を辿ってみるのも素敵ですね。


ちひろさんがそこに立っていたかと思うと、その景色もひとつ気持ちに近づき身近に感じてきます。


強いお母さん


本当に強くなきゃ

やさしくなれないですからね。


そうすると、母親がやさしいのは、

強いからでしょうか。


ちひろさんのとある対談での言葉。

この絵を見ると、やさしさの奥に秘めた母の強さを感じます。


私も 母としていつも、こうありたいと思う。

なかなかそうもいかない時もありますが、、安心できる存在でいたいと思う。


母親となってから、もう15年も経ちましたが、この絵の中のお母さんはまだ憧れです。


そういえば、ちひろさんの絵の中の子ども達は、みんな安心して生きている。

そうして大人になるとこんな風なお母さんになるのかな?


やっぱり安心した中で成長するということは、大事なことなのですね。


そんなことをふと思う土曜日です。


秋色のチケット


安曇野ちひろ美術館のチケット。

今は秋色です。


このチケットをプラッとカバンなどにぶら下げるのがとても好きです。


季節によって色も絵柄も変わりますので、それも楽しみのひとつ。



そして、チケットの赤色のような落ち葉も今の季節の楽しみです。


安曇野の秋はとても短い。

山が白くなり始めたなぁと思ったら、冬はすぐ目の前なのです。今週末には冷えこむそうなので、きっと冬が始まるのでしょう。


その分、秋はとても大切で楽しみがいっぱいです。

紅葉も美しく、貴重に思えます。


季節をはっきりと感じる安曇野。

自然のそばで暮らすのはとてもすてきです。




<< | 2/79PAGES | >>