PROFILE

2019ちひろ大判カレンダー


A2サイズ 1,400円+税
オンラインショップ

2019卓上カレンダー


スタンド付き 1,800円+税
スタンドなし 1,200円+税
オンラインショップ

search this site.

categories

archives

生誕100年「Life展」 子どものへやと井上洋介の絵本展

子ども達の夏休みに安曇野ちひろ美術館へ。

お盆時期、とても賑わっていました。


安曇野ちひろ美術館が一年で一番来館が多い時期だそう。

 

私も福岡から来た親戚家族を安曇野案内するため大勢で伺いましたが、そんな方も多かったかな?

 

夏の展示はいわさきちひろ生誕100年「Life展」 子どものへや トラフ建築設計事務所 が展示されていました。

そして、同時開催は井上洋介の絵本展。

 

実は、もう少し前に展示のことを書きたかったのです。

しかし、なかなか言葉がまとまりませんでした。

見て感じたことを言葉に出すことって難しいですね。

 

つまり、それだけインパクトの大きかった展示だったということです。

 

 

トラフ建築設計事務所は代表作である「空気の器」がヒントになった美しい展示。

入り口には真っ白な空気の器が揺れています。

そして、館内をすすむと天井にゆれるたくさんの繊細な空気の器は、あれ?ちひろさんの絵が描いてあるって気づくのです。

それに、あ、帽子なんだ!って思う。

 

この展示では子ども達に身近な帽子を安心感を与えてくれる「子どものへや」として表現しています。

 

ちひろさんの作品にもたくさん登場する帽子と帽子をかぶる子ども達。

 

帽子をテーマにした切り口って面白いですね。

 

ちひろさんの帽子をかぶる子どもの作品が並ぶ展示室。

初めて見る作品もありました。

 

そういえば、我が家でも毎朝子どもたちに「帽子は?」と言っています。。

 

そうして、空気の器が作り出す美しい館内を抜けて、渡り廊下を通り、今度は井上洋介の絵本展の部屋へ。

 

井上洋介と聞いたらすぐに『くまの子ウーフ』が思い浮かびます。

ウーフとその仲間達のお話、大好きです。

 

原画も見ることができて、心温まるその先に、、今度は強烈な絵が待っていました。

 

きっと井上洋介さんの脳裏に焼きつき、一生忘れられないものにした戦争の記憶。

それを表現したタブローです。

 

どんな絵だったか?

写真に撮るのも気がひけるほどの作品だったので、どうぞ美術館でみてください。

 

小学生の息子や親戚の中学生、みんなビックリとして最初は黙っていました。

でも展示室から出て来て、しばらくすると、少しずつ感想を話し始めました。

戦争の火の中を歩くということは、まったく美しくなく、

ただただこのタブローの世界を歩くようなことなのだということが衝撃だったかな。

 

とにかく井上洋介さんのイマジネーションと生き様をみた展示。

絵の表現がまるで違うようにも見えますが、ちひろさんの絵を描くことへの情熱と近いものを感じました。

 

 

子ども達と行く美術館。

いろいろな気持ちを体験できたようです。

 

子どもの頃に美術館で見た絵、私は今でも印象に残っています。

それが良いか悪いかという判断ではなく、たくさん見ることが大切かなと思えます。

見て感じたことは大人になって、その人の糧となるはずです。

 

どうぞ親子で美術館へ。

感じるものがあるはずです。

 

安曇野ちひろ美術館- 開催中

(土)(火)

いわさきちひろ生誕100年「Life展」子どものへや トラフ建築設計事務所

奇喜怪快 井上洋介の絵本展

 

今週末、9月2日(日)に生前の井上洋介を知る講師を迎え、講演会が行われます。

参加費は無料ですが事前のお申し込みが必要です。

桑原茂夫 講演会「井上洋介を語る」

2018年9月2日(日)14:30〜16:00
お申し込みはこちら→
https://chihiro.jp/azumino/events/25264/


※美術館の許可をいただいて写真撮影しております。御了承ください。