PROFILE

2021ちひろ大判カレンダー


A2サイズ 1,400円+税
オンラインショップ

2021卓上カレンダー


スタンド付き 1,800円+税
スタンドなし 1,200円+税
オンラインショップ

search this site.

categories

archives

田島征三展 ふきまんぶく

 

春の開館を迎えた安曇野ちひろ美術館へ。


田島征三さんの命の輝き溢れる作品を見てきました。


『ふきまんぶく』は、田島征三さんが1973年に発行された絵本。

ふっくらまぁるくあたたかい蕗の薹の中に、土から生まれる生命の力強さを素朴に描いた絵本です。


我が家にはこの『ふきまんぶく』が16年ほど前から本棚にあり、息子たちが赤ちゃんの頃から読んでいました。


冬が終わったら、その原画を会える。それを私はとても楽しみにしていたのです。


最初に見るのは、田島征三さんの写真パネル。


まるで、その生き様が映し出されているような、すてきな写真。


隣にはちひろさんとのエピソードが書いてありました。

ぜひ、この場所で読んでほしい。


そして、

ふきまんぶくに会えました。



絵に満ちる命の息吹。

力強さ。

原画に込められた魂。


そして、その時代から現在までの作品も見ることができます。

その溢れるエネルギーは圧巻。



今、世界が、そして

日本全体が不安で揺らいでいます。

本当に生きるとはどういうことなのか?改めて感じた田島征三さんの原画たち。


画家としての覚悟、想いを伝える強さ。

ちひろさんと同じものを感じました。


揺るぎないものを見る時間。

それもまたひとつ今の私達に必要ではないのかなと。


でも、

なかなか美術館へ足を運ばない地域、状況の方も多いと思います。

そんな時には、どうぞ絵本を手に取ってみてください。

本の声を聞いてください。

美術館が続く限りは、その原画に会える日はきっといつかきます。


どうか ふきまんぶくのように、命の力強さを信じて。


安曇野ちひろ美術館

<企画展>田島征三展『ふきまんぶく』―それから、そして、今―

2020年3月1日〜5月11 日(月)


◎記事の写真は美術館の許可をいただいて撮影しております。ご了承ください。



春を待つ

 

2月ももうすぐおわります。

 

昨晩は安曇野の山の方では雪が降ったようですが、

今年は平地の方ではほとんど雪が降らず、あたたかな冬でした。

 

冬にはやっぱりこんな女の子を見たいものですね。

毛糸の帽子に毛糸も手袋。

季節を感じるのは大事です。

 

けれども、それでも春は待ち遠しい。

 

安曇野の春のお便りといえば、、

やはり安曇野ちひろ美術館が開館することです。

 

冬の間はおやすみしているので、なんとなくさみしい。

この時期になるとまだかな?まだかな?と思います。

 

3月1日からの展示は 命の芽吹きを感じるようなそんな展示のようですよ。

どうぞホームページをチェックしてみてください。

 

→ 安曇野ちひろ美術館

 

世の中がざわめく今の情勢。

世界がどうなるのか?

私たち一人一人の心のあり方を問われているような気もします。

 

本当に美しいものはなにかを考えながら

春を待ちたいと思います。

 


武井武雄の刊本作品の世界

安曇野ちひろ美術館で開催中の「童画の国のパイオニアたち ―日本童画家協会の7人―」の関連イベント【童画家・武井武雄の刊本作品の世界】へ。


武井武雄の作品はこれまでたくさん見てきましたが、刊本作品を手に持って触れるのは初めての体験です。

とてもすばらしい時間でした。



作品を紹介、解説してくださるのはイルフ童画館の学芸員の方です。


子ども達にこそ芸術を…子ども達の心に残る作品を…と、熱い想いを胸に童画を描いてきた武井武雄でしたが、その一方で、制限なく、ただ自分自身を表現したいという思いをいつも持っていたそう。


今回、紹介してくださったのは、その思いの詰まった作品たちです。

刊本作品とは、本の形を持った作品のことなのです。


武井武雄がデザインし素材を選び、職人に依頼して制作されたその作品は全部で139点。そして、1作品につき300

冊を発行しました。


会の後半は刊本作品を皆さんで、順番に見ていきます。


とても貴重な作品なので、手袋とマスクをして丁寧にめくります。


どの本も細やかに作られ、かつこだわり抜いた素材と製法。また新しい技術にもチャレンジしていました。

けれどもそれだけではなく、本として読みたくなるような物語や武井武雄の絵の魅力も詰まっていました。


ただただ自身の芸術に向かうまっすぐな姿。純粋な情熱を本から感じ、まるで武井武雄の分身のような刊本作品にとても感動しました。


そして、展示も合わせて拝見しました。童画家のパイオニアとなった7人の童画家の信念。

子ども向けということではなく、子どもに本物を届けるという想い。


個性的な作品がどれも楽しく素晴らしく、きっと彼らの想いが今の絵本を作る作家につながっているのだと感じました。


古さよりも新しさを感じる作品。

30日までの展示です。

ぜひ、お見逃しなく。



安曇野ちひろ美術館

「童画の国のパイオニアたち ―日本童画家協会の7人―」

-





夜の美術館へ



8月の終わりに、安曇野ちひろ美術館のナイトミュージアムへ。


毎年の夏の楽しみです。


夜の美術館はいつもと違った雰囲気。

秘密の場所に来たような不思議な感覚があります。


展示ももちろん見られます。それにカフェも営業中。それもまた面白いのです。


ナイトミュージアムは家族連れがたくさん来ていました。我が家も小学3年生の次男と共に行きました。


なぜかといえば、、

肝だめしがあるからです!


松川村の方のご協力で、手作り感溢れる楽しい肝だめし。

ちひろ公園の電車の中もおばけがいましたよ。

子どもと一緒に懐中電灯片手に、夜の公園を歩きました。後半のおばけはなかなか迫力がありました。


夏休みに子どもと楽しめる特別な美術館の時間。

とてもすてきな企画です。

ぜひまた来年も!


子どもも当たり前のように行ける ちひろ美術館は貴重な存在だとあらためて思う良い夜でした。


秋色のチケット


安曇野ちひろ美術館のチケット。

今は秋色です。


このチケットをプラッとカバンなどにぶら下げるのがとても好きです。


季節によって色も絵柄も変わりますので、それも楽しみのひとつ。



そして、チケットの赤色のような落ち葉も今の季節の楽しみです。


安曇野の秋はとても短い。

山が白くなり始めたなぁと思ったら、冬はすぐ目の前なのです。今週末には冷えこむそうなので、きっと冬が始まるのでしょう。


その分、秋はとても大切で楽しみがいっぱいです。

紅葉も美しく、貴重に思えます。


季節をはっきりと感じる安曇野。

自然のそばで暮らすのはとてもすてきです。




| 1/6PAGES | >>