PROFILE

2020ちひろ大判カレンダー

>
A2サイズ 1,400円+税
オンラインショップ

2020卓上カレンダー


スタンド付き 1,800円+税
スタンドなし 1,200円+税
オンラインショップ

search this site.

categories

archives

武井武雄の刊本作品の世界

安曇野ちひろ美術館で開催中の「童画の国のパイオニアたち ―日本童画家協会の7人―」の関連イベント【童画家・武井武雄の刊本作品の世界】へ。


武井武雄の作品はこれまでたくさん見てきましたが、刊本作品を手に持って触れるのは初めての体験です。

とてもすばらしい時間でした。



作品を紹介、解説してくださるのはイルフ童画館の学芸員の方です。


子ども達にこそ芸術を…子ども達の心に残る作品を…と、熱い想いを胸に童画を描いてきた武井武雄でしたが、その一方で、制限なく、ただ自分自身を表現したいという思いをいつも持っていたそう。


今回、紹介してくださったのは、その思いの詰まった作品たちです。

刊本作品とは、本の形を持った作品のことなのです。


武井武雄がデザインし素材を選び、職人に依頼して制作されたその作品は全部で139点。そして、1作品につき300

冊を発行しました。


会の後半は刊本作品を皆さんで、順番に見ていきます。


とても貴重な作品なので、手袋とマスクをして丁寧にめくります。


どの本も細やかに作られ、かつこだわり抜いた素材と製法。また新しい技術にもチャレンジしていました。

けれどもそれだけではなく、本として読みたくなるような物語や武井武雄の絵の魅力も詰まっていました。


ただただ自身の芸術に向かうまっすぐな姿。純粋な情熱を本から感じ、まるで武井武雄の分身のような刊本作品にとても感動しました。


そして、展示も合わせて拝見しました。童画家のパイオニアとなった7人の童画家の信念。

子ども向けということではなく、子どもに本物を届けるという想い。


個性的な作品がどれも楽しく素晴らしく、きっと彼らの想いが今の絵本を作る作家につながっているのだと感じました。


古さよりも新しさを感じる作品。

30日までの展示です。

ぜひ、お見逃しなく。



安曇野ちひろ美術館

「童画の国のパイオニアたち ―日本童画家協会の7人―」

-





夜の美術館へ



8月の終わりに、安曇野ちひろ美術館のナイトミュージアムへ。


毎年の夏の楽しみです。


夜の美術館はいつもと違った雰囲気。

秘密の場所に来たような不思議な感覚があります。


展示ももちろん見られます。それにカフェも営業中。それもまた面白いのです。


ナイトミュージアムは家族連れがたくさん来ていました。我が家も小学3年生の次男と共に行きました。


なぜかといえば、、

肝だめしがあるからです!


松川村の方のご協力で、手作り感溢れる楽しい肝だめし。

ちひろ公園の電車の中もおばけがいましたよ。

子どもと一緒に懐中電灯片手に、夜の公園を歩きました。後半のおばけはなかなか迫力がありました。


夏休みに子どもと楽しめる特別な美術館の時間。

とてもすてきな企画です。

ぜひまた来年も!


子どもも当たり前のように行ける ちひろ美術館は貴重な存在だとあらためて思う良い夜でした。


秋色のチケット


安曇野ちひろ美術館のチケット。

今は秋色です。


このチケットをプラッとカバンなどにぶら下げるのがとても好きです。


季節によって色も絵柄も変わりますので、それも楽しみのひとつ。



そして、チケットの赤色のような落ち葉も今の季節の楽しみです。


安曇野の秋はとても短い。

山が白くなり始めたなぁと思ったら、冬はすぐ目の前なのです。今週末には冷えこむそうなので、きっと冬が始まるのでしょう。


その分、秋はとても大切で楽しみがいっぱいです。

紅葉も美しく、貴重に思えます。


季節をはっきりと感じる安曇野。

自然のそばで暮らすのはとてもすてきです。




みんないきてる


安曇野ちひろ美術館で開催中の谷川俊太郎さんの「みんないきてる」。


先日、見てきました。


その展示の前に、関連イベントとして谷川俊太郎さんの講演会もあり、そちらも行くことが出来ました。


谷川さんの朗読。とても好きなのです。

講演会で聞くことができて、心に染み入りました。


詩 とはなんでしょう。

難しい言葉なんて必要ないけれど、

言葉の重なり、

記憶の断片、

心の声、

それを詩にして人に届けられる人は、なかなかいない。


言葉の美しさを感じました。


人生そのものなのかな。


谷川俊太郎さんの詩の奥にあるものはなんだろうか?と思っていましたが、講演会で少しわかりました。


そして、展示を見てますます心に優しく届きました。


たしかにみんな生きている。


人生の中で様々な事があります。

簡単ではありませんが、それは本人にしかわからないこと。

それをみんな抱えて生きる。

泣いたり笑ったり囁いたりしながら生きているのです。


谷川俊太郎さんの詩。

それぞれの人生によって感じるものが違うでしょう。


言葉が気持ちよく届いてきます。


ぜひ見に行って感じてみてください。



安曇野の紅葉も深まり、アルプスも少し雪が降りました。


今年は開館が少し長いので、この季節の美しい景色も貴重です。


いわさきちひろ生誕100年「Life展」

みんないきてる 谷川俊太郎


2018年9月29日(土)〜12月16日(日)

https://chihiro.jp/azumino/exhibitions/34718/



生誕100年「Life展」 子どものへやと井上洋介の絵本展

子ども達の夏休みに安曇野ちひろ美術館へ。

お盆時期、とても賑わっていました。


安曇野ちひろ美術館が一年で一番来館が多い時期だそう。

 

私も福岡から来た親戚家族を安曇野案内するため大勢で伺いましたが、そんな方も多かったかな?

 

夏の展示はいわさきちひろ生誕100年「Life展」 子どものへや トラフ建築設計事務所 が展示されていました。

そして、同時開催は井上洋介の絵本展。

 

実は、もう少し前に展示のことを書きたかったのです。

しかし、なかなか言葉がまとまりませんでした。

見て感じたことを言葉に出すことって難しいですね。

 

つまり、それだけインパクトの大きかった展示だったということです。

 

 

トラフ建築設計事務所は代表作である「空気の器」がヒントになった美しい展示。

入り口には真っ白な空気の器が揺れています。

そして、館内をすすむと天井にゆれるたくさんの繊細な空気の器は、あれ?ちひろさんの絵が描いてあるって気づくのです。

それに、あ、帽子なんだ!って思う。

 

この展示では子ども達に身近な帽子を安心感を与えてくれる「子どものへや」として表現しています。

 

ちひろさんの作品にもたくさん登場する帽子と帽子をかぶる子ども達。

 

帽子をテーマにした切り口って面白いですね。

 

ちひろさんの帽子をかぶる子どもの作品が並ぶ展示室。

初めて見る作品もありました。

 

そういえば、我が家でも毎朝子どもたちに「帽子は?」と言っています。。

 

そうして、空気の器が作り出す美しい館内を抜けて、渡り廊下を通り、今度は井上洋介の絵本展の部屋へ。

 

井上洋介と聞いたらすぐに『くまの子ウーフ』が思い浮かびます。

ウーフとその仲間達のお話、大好きです。

 

原画も見ることができて、心温まるその先に、、今度は強烈な絵が待っていました。

 

きっと井上洋介さんの脳裏に焼きつき、一生忘れられないものにした戦争の記憶。

それを表現したタブローです。

 

どんな絵だったか?

写真に撮るのも気がひけるほどの作品だったので、どうぞ美術館でみてください。

 

小学生の息子や親戚の中学生、みんなビックリとして最初は黙っていました。

でも展示室から出て来て、しばらくすると、少しずつ感想を話し始めました。

戦争の火の中を歩くということは、まったく美しくなく、

ただただこのタブローの世界を歩くようなことなのだということが衝撃だったかな。

 

とにかく井上洋介さんのイマジネーションと生き様をみた展示。

絵の表現がまるで違うようにも見えますが、ちひろさんの絵を描くことへの情熱と近いものを感じました。

 

 

子ども達と行く美術館。

いろいろな気持ちを体験できたようです。

 

子どもの頃に美術館で見た絵、私は今でも印象に残っています。

それが良いか悪いかという判断ではなく、たくさん見ることが大切かなと思えます。

見て感じたことは大人になって、その人の糧となるはずです。

 

どうぞ親子で美術館へ。

感じるものがあるはずです。

 

安曇野ちひろ美術館- 開催中

(土)(火)

いわさきちひろ生誕100年「Life展」子どものへや トラフ建築設計事務所

奇喜怪快 井上洋介の絵本展

 

今週末、9月2日(日)に生前の井上洋介を知る講師を迎え、講演会が行われます。

参加費は無料ですが事前のお申し込みが必要です。

桑原茂夫 講演会「井上洋介を語る」

2018年9月2日(日)14:30〜16:00
お申し込みはこちら→
https://chihiro.jp/azumino/events/25264/


※美術館の許可をいただいて写真撮影しております。御了承ください。

 

 


| 1/6PAGES | >>