PROFILE

2019ちひろ大判カレンダー


A2サイズ 1,400円+税
オンラインショップ

2019卓上カレンダー


スタンド付き 1,800円+税
スタンドなし 1,200円+税
オンラインショップ

search this site.

categories

archives

あれからの8年

 

3月11日。東日本大震災から8年が経ちました。

 

あの日の衝撃とそれからおきた出来事への複雑な気持ち。

いまでもまざまざと蘇っては心が痛みます。

 

忘れることはない日です。

 

何かできることを、小さくても続けていきたいと毎年思います。

 

そして、、ちひろさんが生きていたならば何をしただろうか?ということも毎年思います。

 

きっと、絵を描くのではないだろうか?

 

ですので、わたしは絵を選びます。

どこかの誰かの心に届くと良いなと。

 

美しいものを見ることも未来につながるはず。

 

凛と前を見る少女。

どうか希望を持って前に進めますように。

 

そしてそのためにできることを考えたい。

 


春のおとずれ

「ちひろ 春の画集」p34より


長い冬の間、しもやけやひびであれた手が

ようやくなめらかになってきて、

まちこがれた春がやってきた

(ちひろ)


春の画集のちひろさんの言葉より。


久しぶりの更新になりましたが、

そろそろ春の予感が安曇野でも感じ始めました。


小さな花のつぼみがほころび、見つける喜び。

そして、雪ではなく雨が降る日も嬉しい。


寒い場所に住むようになり、その待ち焦がれる気持ちがよくわかります。


冬だけの良さもありますが、1年の半分も寒い安曇野では春の喜びはひとしおです。


そして、安曇野ちひろ美術館の冬休みも終わり、もうすぐ開館です!

これも待ちに待った知らせ。


春の展示はあたたかく可愛らしいのようです。楽しみでそわそわとします。

美術館のカフェに行くのも楽しみです。


冬の間は家にこもり、春からは外へ。

季節の移り変わりを楽しみに。



大寒

ちひろカレンダーの1月2月は、冬にあそぶ子どもたち。

いつもながらお洋服がかわいらしく、描かれています。

 

大寒の朝。

窓の外を見ると、雪が降っていました。

 

気候が変わりつつあるように思えますが、二十四節気は感じる安曇野です。

 

これから一番寒い季節になり、立春を過ぎれば待ち遠しい春がやって来ます。

立春といっても2月の初め、春はまだ先のようにも思えますが、自然が近い場所に暮らしているからか、あちらこちらのその合図を感じます。

 

こどもたちは思っている以上に、そのことに気づくことが早いのです。

 

学校の帰り道や夕暮れに日が長くなることなど、大人よりも歩く時間が多いからかもしれません。

大人よりもするどい観察者ですね。

 

待ち遠しい春ではありますが、冬をあたたかく過ごす楽しみも忘れずに、季節を楽しみたいと思います。

 

 

 


神戸原より田園風景をのぞむ


先日のこと。

安曇野の松川村に用事で出かけて、景色の良さそうな公園を見つけました。


ちょっと立ち寄ってみようと駐車場に車を止めると、とても良い眺め!


そして、「いわさきちひろの描いた松川村 機廚箸いΥ波弔ありとても驚きました。


あちこちと出かけていますが、この看板を見るのは初めてです。気箸△襪里蚤召砲發△襪呂困任垢諭

また見つけたいです。


それにしても、本当にきれいな眺め。

のどかな景色は、松川村ならではです。

安曇野の中でも、松川村はゆったりと時が流れている土地だと思います。


ちひろさんの心の故郷。


安曇野ちひろ美術館とともに、こんな風にちひろさんの眺めた景色を辿ってみるのも素敵ですね。


ちひろさんがそこに立っていたかと思うと、その景色もひとつ気持ちに近づき身近に感じてきます。


強いお母さん


本当に強くなきゃ

やさしくなれないですからね。


そうすると、母親がやさしいのは、

強いからでしょうか。


ちひろさんのとある対談での言葉。

この絵を見ると、やさしさの奥に秘めた母の強さを感じます。


私も 母としていつも、こうありたいと思う。

なかなかそうもいかない時もありますが、、安心できる存在でいたいと思う。


母親となってから、もう15年も経ちましたが、この絵の中のお母さんはまだ憧れです。


そういえば、ちひろさんの絵の中の子ども達は、みんな安心して生きている。

そうして大人になるとこんな風なお母さんになるのかな?


やっぱり安心した中で成長するということは、大事なことなのですね。


そんなことをふと思う土曜日です。


| 1/27PAGES | >>